社長ブログ

2016.02.28

IT導入で失敗する会社とは?

 オフィス・イーユーシーの池本です。
今回は、「IT導入で失敗する会社」について書きたいと思います。

今や、あらゆる規模の会社で何らかのITシステムは導入されていると思います。たとえ、ひとり社長の会社であってもです。
いまだに算盤と手作業で事務処理をしているという会社は、さすがに探すのが難しいでしょうね・・・

しかし、「導入したITはうまく活用されていますか?」という質問をさせていただくと、返ってくる答えは・・・

・「かえって不便になった」
・「メールとインターネットでしか使っていない」
・「ホームページを作ったけど、全然更新していない」
・「難しくて使いこなせない」

など、否定的な回答が多いのはなぜなのでしょう?・・・

その原因を推測すると、以下のようなことではないでしょうか。
■目的が不明確
安かったから、とか、なんとなく使えそうなど、ITを何のために使うかを考えなくて導入したりしていませんか?

■導入後の事務処理設計が不十分
現場の処理がよく分かっていない人が導入を決めてしまっていませんか?

■既存のITシステムと連携の考慮不足
これも上の話と似ていますが、現行のITシステムのことをよくわかっていない人が導入を決めていませんか?

■IT導入教育の不足
ITシステムは担当者がうまく使いこなして初めてうまく機能します。そのための教育をしていますか?

■現場ニーズとのアンマッチ
現場のニーズを無視して、ITシステムを導入してもうまく機能しません。現場のニーズの把握はできていますか?

他にもいろいろとあるかと思いますが、まとめると次のようになります。

「ITを導入する時は、現場の処理や既存ITシステムのことを十分調査の上、目的を明確にして、現場のニーズにも配慮しつつ、担当者教育を実施する必要がある。」

ITをうまく活用するということは、現場の担当者がそのシステムを使いこなしてこそ実現できることですからね。

それから、注意点をひとつ。現場のニーズを考慮すると言いましたが、現場の意見を聞きすぎてもいけません。

現場は、なるべく現状を変えたくないので、新しいITシステムを導入する時には、反対意見がでてくるかもしれません。
ですから、導入推進者は、現場の担当者にそのITシステムを導入することで得られるメリットを十分に説明して納得してもらうことが必要です。

担当者が納得して運用しないと、導入したITシステムがうまく機能しないことに繋がるからです。

さて、今まで述べてきたことに何か思い当たることがありませんでしたか?
もし、何か思い当たることがあるようでしたら、今後のIT導入の時に、今日の話を思い出していただけたら幸いです。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム