社長ブログ

2015.10.19

IT資産の棚卸しをしていますか?

こんにちは、オフィス・イーユーシーの池本です。
今日は、「IT資産の棚卸し」について書きたいと思います。

在庫管理をする時、定期的に商品の在庫数を数えて、売上に対応する商品原価を把握するのが棚卸しですが、IT資産についても定期的に棚卸しをして、そのすべての費用を把握することをお勧めします。

サーバ、パソコン、プリンタ、ルータなどのハードウェア資産、パッケージソフトや開発したITシステムなどのソフトウェア資産、運用・保守費用を定期的に調査して、現在使われていない機器やソフトを洗い出すことで不要なコストを削減できます。

この時に大事なのは、次の視点です。
・いつのタイミングでリプレースするべきか?
・本当に有効活用されているか?(利用されていないとしたらその原因は?)
・適正に配備されているか?(過剰 or 不足)
・もっとコストが安いサービスにリプレースできないか?

使っていないIT資産は、無駄なコストです。特に有効に使われていないITシステムは、業務の妨げになる可能性もあります。

使われていない理由を調査して、対応できるのであれば、システム改修などの手を打つことが必要です。
システム改修に費用がかかりすぎるなどの理由でそのまま使い続けるというのはあり得ない判断ですが、そんなあり得ないことをしている会社が現実には多いことに驚かせられます。

定期的に、IT資産の棚卸しを上記の視点で実施することで、ITの活用状況の確認と見直しをすることが、ITを有効活用することに繋がります。

ぜひ、定期的なIT資産の棚卸しを実施してみてください。

Tweet

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム